屋根塗装や外壁塗装で家を守る│外壁調査ガイド

毎日の習慣によって髪は革命を起こすことができる

壁を調べる

外壁調査の必要性とは

外壁調査と言う言葉は一般的には知らない場合が多いのですが、建物のオーナーは知っておくべき言葉でその行為は必要に応じ又は定期的に行わなければならない行為です。なぜなら、外壁の仕上げ材等が建物の下部へ落下すると人に落下物が当たる等の危険性が有るからです。 建物の外壁は殆どの場合仕上げ材で仕上げられています。その仕上げ材がタイルの場合ですと、建物の老朽化に伴いタイルと下地のコンクリートとの間に雨水等の水が浸入しタイルの接着性能が失われタイルが落下する恐れが発生する事が有ります。タイルの他に塗装や吹付で仕上げられている場合もその下地はコンクリート面にモルタルを塗って平滑に仕上げた後に塗装されていますので、劣化に伴い下地モルタルが剥離し落下する事も考えられます。これらの理由が有りますので外壁調査を行う事は大切です。

どの様に調査し対処するか

実際に外壁調査を行う方法としましては、まず一つは目視により外壁調査を行う方法が有ります。見るからに劣化し剥落している外壁のタイルやモルタルは危険な状況と言えます。すぐに補修や交換等の対処が必要です。 他に打診により外壁調査を行う事も有ります。タイル面やモルタル面を打診しますと健全な部分では硬いイメージの音がするのですが下地との接着が悪い部分に関してはポコポコとした軽い音がします。その音によって健全な部分とそうで無い部分を判断します。 赤外線によって外壁調査を行う場合も有ります。この方法は近づけない場所や複数の建物を一度に調査しなければならない時や建物全体を一次的に調査する時にに赤外線カメラを使用し外壁面の状況を調べる方法です。 いずれの方法によっても、剥落の恐れのある外壁は早期に対処の必要が有ります。