屋根塗装や外壁塗装で家を守る│外壁調査ガイド

毎日の習慣によって髪は革命を起こすことができる

壁の補強

外壁塗装と一緒に付帯塗装も

外壁塗装を依頼する場合には、一緒に付帯塗装も依頼しておくと、建物の見た目がさらに良くなりますし、耐久性もアップします。付帯塗装とは、軒天や雨どいなどにおける塗装のことです。 これらは、外壁に隣接している場所にあるため、外壁同様外からは目立ちますし、劣化もしやすいです。外壁のみを塗装した場合には、美しくなった外壁との差がかなりついてしまい、余計に汚れが目立つようになります。また、劣化したまま放置しておくと、塗装だけでは補修できなくなり、大幅なリフォームが必要となる可能性もあります。その際には外壁塗装と同じように、建物の周辺に足場を組み立てることになります。足場は有料なので、それなら外壁塗装のために足場を組み立てた時に、一緒に付帯塗装もおこなっておく方が得策と言えるのです。 そのため、外壁塗装と付帯塗装とを最初からセットにしているリフォーム会社や塗装会社も多いです。

かかる費用は、作業をする範囲や塗料によって違ってきます

足場は、建物を囲むように組み立てることになります。そのため足場を組む範囲は、建物の外壁面積よりもやや広くなります。建物が100平米なら、足場は120平米ほどになるのです。足場にかかる費用は、1平米あたり700円なので、120平米で組む場合は、8〜9万円になります。 塗装作業にかかる費用は、外壁面積はもちろん、塗料によっても違ってきます。最もよく使われているのはシリコン系の塗料で、この場合平米単価は2000円ほどです。これを、少なくとも2回は塗るので、100平米の建物の場合、約40万円かかる計算になります。 そして付帯塗装の場合も、やはりシリコン系塗料が使われます。しかし外壁と異なり、雨どいなどは面積を割り出すことが困難です。そのため付帯塗装は、全てまとめて10万円といった具合になっていることが多いです。